プラセンタ注射外来

プラセンタとは

プラセンタ注射

当院で注射によるプラセンタ投薬を始めました。皆様もプラセンタという名前は聞いたことがあると思います。また、テレビでもプラセンタエキス入りの美容液や、飲み物などが盛んに宣伝されているのはご存知かと思います。
当院で取り扱うプラセンタは、人の美容外科でも使用されている高品質な製剤です。人間の医療機関においてプラセンタは、肝臓の治療薬として承認を受けている薬です。また美容関係においては、美白効果や更年期症状の改善など様々な他の効果を期待して注射での外来対応を行っているところもあります。動物保険でも肝臓治療としての投薬は保険適応となる機関もあるようです。
当院では人間のプラセンタでの効果に注目し、動物にもプラセンタの効果が期待できないかと考え、数年前よりプラセンタ注射を実施してきました。投薬させていただいた患者様の中には、かなりの改善が認められたと思われる動物がいました。このプラセンタの素晴らしい効果を多くの皆様に実感していただくために今回プラセンタ外来を実施することといたしました。

副作用はないの?

プラセンタ注射の効果

本来は肝機能改善に効能が認められている製剤ですが、下記のような動物たちにも効果が期待できます。
お宅のワンちゃん・ネコちゃんはこのようなことで困っていませんか?状況によって差はありますが、プラセンタのおかげでかなり改善した子たちが数多くいます。

  • 老齢
  • 肝臓が悪いといわれた
  • 疲れやすい
  • 悪いところがないのに食欲がない、元気がない
  • 皮膚が弱い
  • アレルギーもち
  • 体力が落ちた気がする
  • 毛づやが悪くなった
  • 抜け毛が増えた

※効果には個体差がありますので、ご了承ください。

副作用はないの?

注射部位の痛み(2.56%)、過敏症(発疹、発熱、痒み)(0.37%)が認められます。また、生物由来のタンパク質、アミノ酸を含有する製剤なので、ショックが起きる可能性がありますので、投薬後の慎重な観察が指示されています。ショックの頻度は不明です。しかし、この注射製剤は約40年前より使用されていますが、重篤な副作用は報告されていません。(プラセンタ注射液の添付文書より)

安全性

プラセンタ注射は厚生労働省が認めている保険も適用される注射製剤です。国内のヒトの胎盤を原料として作られています。製造会社では健康なヒト胎盤の選別、ウイルス・細菌の除去を行ってプラセンタ注射製剤を作っています。危険性があるとするとヒトの胎盤に由来しているので感染症などのリスクがまったくゼロではないということがあげられますが、現在までプラセンタ注射によって感染症などが伝播した例はありません。
しかし、理論上は変異型クロイツフェルト・ヤコブ病への感染が完全に否定できないため、平成18年から人間では献血を行うことができなくなりました。しかし、自身が輸血や点滴を受けることはできます

接種間隔

接種間隔目安は、2週間に1回。効果が短い場合は毎週接種も可能です。
肝臓治療の場合は第一週は連日、第二週は2日ごと、第三週は3日ごとと徐々に間隔を空けていき、第四週からは1週間に1回の注射で経過観察とします。

初回限定キャンペーン

初回限定価格 1,500円(税別)

初めて当院にご来院いただき、接種した場合で、下記内容を含みます。

・カルテ登録料
・皮下注射代
・プラセンタ1アンプル

※今後その他の診察、検査などを当院で実施させていただく場合は、初診料(2,500円税別)を頂戴いたします。

通常価格 3,000円(税別)

2回目以降に適応される価格で下記内容を含みます。

・診察料
・皮下注射
・プラセンタ1アンプル